Jimdo内容(トップページ)


中小企業様向けのWeb活用セミナー講師を16年以上やらせていただいています。

質疑応答の時間や、休憩中のご質問などでよく聞かれることのひとつに、

 

「トップページのレイアウトはどうしたらよいですか?」

 

というものがあります。

 

ホームページを作るぞ!と思って、最初にイメージするのは「まず、トップページのレイアウトをどうしようか」ということかもしれません。

そのトップページの図案を考えすぎて、そこで止まってしまう中小企業様も多いように感じます。

 

色々な見解があって良いと思いますが、トップページに備えられるべき要素は、以下のものになると思います。

  • 企業(サービス)名がわかること
  • その企業(サービス)の特徴がキャッチコピー的にわかること
    ※このキャッチコピーをWeb業界的には「タグライン」といいます
  • 連絡先がわかること
  • その企業、サービスのイメージを訴求するためのビジュアルがあること
  • 他ページへ行くためのメニューがあること
  • 一番してほしいアクションが明示されていること(例:無料相談会、資料請求、等々)

最低限、上記項目があれば必要十分です。

補足的に、

  • 特設コンテンツなど、特に見てほしいページへのバナー
  • フッター(他ページへのリンクや連絡先などを整然と記した、ページ最下部のコンテンツ)

があれば尚良いということでしょう。

 

これらを整理して積み上げていくと、おおよそ、多くの中小企業様のトップページは似通ってくると思いますが、私はそれでよいと思っています。

 

チェックリスト的に再掲します。

  • 企業(サービス)名が出ていますか?
  • タグラインを書いていますか?
  • 連絡先を書いていますか?
  • イメージを訴求するためのビジュアル(社員やイラスト)を出していますか?
  • メニューがありますか?
  • 一番してほしいアクションをはっきり示していますか?

これらをもとに、トップページを作っていきましょう。